初心者でも失敗しない楽器の選び方とは!?ギター編

ギターを買いたいけどまず何をすればいいの?

初心者の方がギターを買いたいと思った時、まず何をしたらいいのか。まずは自分の欲しいギターのイメージを思い浮かべて見ましょう!かっこいいギターなのか、それとも装飾が綺麗なものなのか、はたまた変わった形か。ほとんどの方の場合、自分の好きなアーティストが弾いてる形を基準に選ぶ人が多いようです。第一段階では、自分が欲しいギターを想像してみるところが始めると楽しくなってきます。そして、ここで大方のイメージが沸いたら、雑誌を買いに行きましょう。

欲しいギターの細かい情報を雑誌で得ていく

さて、今度はギター雑誌を買って、さらに詳しく自分のイメージしていたギターがあるかどうか、それとも他にもっと良いギターがあるのか見ていきます。ギターにはタイプが色々とあって、まず大きく分けてアコースティックなのかエレキなのか、この点から見ていくといいでしょう。値段も高い物から安い物まで様々です。一般的に言って、楽器は値段に比例して良い音が出る物です。確かに昔に比べたら最近の安いギターでも相当なるようになっているのですが、やはり選ぶならそこそこの値段のギターがいいでしょう。本当に何でもいいから弾きたいというのであれば、2万から3万の物でも構いません。いや、もっとしっかりした物がいい!と思うのであれば、10万くらいからのギターを選んだほうが、あとあと得をします。あとは使われている素材が何なのか、一通り見てある程度わかってきたら、いよいよ楽器屋さんへGOです!

楽器屋さんに行って実際にギターに触れてみる

さあ、いよいよ楽器屋さんに行きます。初めての楽器屋さんは緊張すると思いますが、思い立ったら吉日と言わんばかりの勢いで行ってしまうほうがいいです。楽器屋さんの中は、本当に沢山ギターが合って目移りしますよね。最初はお店の中にあるギターをぐるっと一通り周って見てみましょう。そして、気に入ったギターがあったら店員さんに声をかけて試奏させてもらいます。ここでは実際のギターの見た目、重さ、抱き心地、ネックの厚みと反り具合、指板の弾きやすさ、そして何より音を確認するようにします。チューニングは試奏する前に店員さんがやってくれる場合が多いので大丈夫です。音を出した時にもチェックするところがあります。どこのフレットを押さえても音がちゃんと出るか、そして全体的にバランスの良い音が出ているか、これが重要です。ここをしっかりと確認して大丈夫なら購入を検討してもOKです。あとは、自分の予算と相談しながらギターを選んでいけば、間違った物を選んで失敗は避けられるでしょう。

サックスは、吹奏楽やジャズなどによく用いられる楽器で、多くは金色をしているため、金管楽器と思われることもありますが、木管楽器です。